その2 親の力(1) まず親が勉強する

 

○ポイント

  • 中学受験は親が7割,子が3割
  • 親が自ら勉強する姿勢で

 

○中学受験は親が7割,子が3割

 長男の受験が終わった後,仙台で家庭教師として活躍中の先生のブログを発見した。以下のサイトである。

 「仙台の家庭教師のおっちゃんのつぶやき」
  http://ameblo.jp/gwkaakun/

 このブログの,2009年12月12日の記事に以下の記述があった。

  大学受験=受験生9.8:親0.2
  高校受験=受験生7:親3
  中学受験=受験生3:親7

 何と,中学受験においては,親のウェイトの方が大きい!これには驚いた!
 しかしよく考えてみれば、全くその通り。8:2でもいい位だと思う。

※他にも目からウロコの記事が沢山ありますので,是非ご一読下さい。

 小学生のうちは,いくら将来の夢やなりたい職業を明確にしたとしても,ただひたすら目標に向かってまい進する事はとうていできない。自分の小学生時代を考えてみれば分かると思うが,小学生はそれほど強くはないのだ。

 

○親が自ら勉強する姿勢で

 だからこそ,親が一緒になって勉強する。
 環境を整え,教材を準備し,朝は一緒に起きて勉強を見守る。
 採点し,一緒に悩み,考えて,正解にたどり着く。

 子は親を見て育つ。
 子に勉強させようと思ったら,まずは親が勉強する姿勢を見せる。

 たったそれだけで,子供は勉強するようになるのである。

 


 

 上記の「家庭教師のおっちゃん」のページに「二華中受験をお考えの親御さん必読!」というページが追加されました。「まず親が勉強する」ことの大切さが良く分かりますので,是非ご覧下さい。

 http://www.geocities.jp/gwkaakun34/ketsui.html

 

 また、仙台を愛する大人のためのウェブマガジン(現在はデッドリンク)に「みやぎの受検事情」と題した特集記事がありました。

 一部引用しますと

 「子供の学力を左右するのは、子供の能力が1割、親の経済力が1割、残りの8割は親、とりわけお母さんの力です。つまり、親の姿勢が大きく問われるのです」。

・・・どこの塾長先生も同じことをおっしゃいますね。

このエントリは 二華中への道 にカテゴリされ、, , , , , にタグ付けされました。 permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA